“空腹"が健康をつくる 1日2食のプチ断食 単行本

著者:三浦直樹

出版社 : ナツメ社

単行本 : 208ページ

価格 1,540円(税込)

 

三浦直樹著

 

―あなたの胃腸、オーバーワークになっていませんか―

あなたはなぜ、1日3食、食べていますか

「お腹がすくから」

「そのほうか健康にいいから」

「そうしないと、栄養がしっかりとれないから」

そういう理由で食べている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、実は、現代人のさまざまな体の不調は食べすぎが原因ともいえるのです。

運動量が減り、3食どころかいつでもお腹いっぱい食べられるようになった現代、

1日3食では食べすぎになってしまうのです。

 

食べすぎによる不調や肥満を改善する答えは簡単。

食べすぎないこと。

 

本書では、食べすぎを防ぐことでなぜ健康になれるのかを解説し、

食べすぎないための1日2食のプチ断食を紹介しています。

1週間のうち、1日だけ、2食にすることから始めてみませんか。

 

●お金も道具も必要ない! 最強の健康法

まず、断食にはお金も、特別な道具も必要ありません。

今までの3食を2食にするだけ。細かいカロリー計算も不要です。

守って欲しいのは、「16時間の空腹」をつくることだけ。

それでいて、その効果は絶大で、全身に波及し、精神的な健康効果が連鎖的に現れます。

一つの不調だけ改善するのではなく、あらゆる不調を根こそぎ改善してくれるのです。

色々な健康法に手を出す必要がなくなります。

 

●カギは「16時間の空腹」

1日2食にすることで、「16時間の空腹」をつくることが最大のポイントです。

重要なのは「食べないこと」ではなく、食べないことで「胃腸を休めること」。

食べない分、摂取カロリーが減るからやせる、といったことだけではなく、

胃腸を休めることで、体が本来の機能を取り戻し、健康になるのです。

 

●アンチエイジング、免疫力アップ、認知能力アップの効果も!

人体最大の免疫器官、「腸管」を休めることで得られる効果は絶大です。

空腹によって内臓を休めることで、本来の機能を取り戻すことができれば、

自然治癒力も上がり、免疫力もアップします。

また、近年話題の「長寿遺伝子(サーチュイン)」は空腹がそのスイッチをオンにし、

空腹ホルモン“グレリン"は認知能力を高めるなど、

西洋医学の分野でも空腹の効果を裏付ける研究が発表されています。

 

【目次】(章タイトルのみ)

第1章 1日2食でつくる16時間の空腹"のヒミツとその効果

第2章 1日2食のプチ断食"実践法

第3章 不調別プチ断食"効果アップ術

“空腹"が健康をつくる ―1日2食のプチ断食―

¥1,540価格