June 30, 2016

June 30, 2016

June 30, 2016

May 31, 2016

May 31, 2016

Please reload

Recent Posts

7月のコラム

June 30, 2016

1/10
Please reload

Featured Posts

12月のボトル

December 4, 2015

 

113番 大天使カシエル 

エメラルドグリーン*ミッドトーンオリーブグリーン

 

2015年9月5日、午前8時 (英国夏時間)に誕生しました。

 

大天使カシエルは、土星と関連性があります。カシエルは、安息日あるいは休息日と呼ばれる、週のうちで私たちが内省する日を支配します。エメラルドグリーン/ミッドトーンオリーブの組合せは、太陽神経叢からハートに向かう旅を一つにし、私たちが過去の失望を手放すにつれて、それを新しいレベルの希望へと切り替えていく機会をもたらします。嫌悪感や苦味が、希望的な観測ではなく、希望の新しい感覚へと変容されます。

 

カシエルはしばしば、観照者と見なされます。それは、オーラソーマの色の観点からは、コーラルかペールコーラルと同じエネルギーと言えます。カシエルは、呼びかけられない限り、人間のおかれた状況に対して干渉することも、行動することもせず、単に観照しています。カバラの文献には、カシエルは人間界に干渉することを許されていないと、書かれています。特に今このときに、私たちのハートに存在する真実が、観賞していること、「わからないでいる」ことにつながるために、私たちはサポートを必要としています。

 

これは、オーラソーマの観点にとって非常に重要なことです。それは複雑なことのように聞こえるかもしれませんが、実際にはとてもシンプルです。「自分はわからない」ということを知ることは、基本にあります。それは感謝の念を通して扉を開く何かであり、親愛なるもの(beloved)や存在の愛の源を越えたところにある何かに、空(クウ)の感覚を通してつながる深い感覚です。今このときに、カシエルはこのエネルギーの何かを表しています。「I AM」を再評価することを通して、どのように私たちは自分のためにこのエネルギーと相互に作用しあうのでしょうか。

 

スピリチュアルな自信に対する新しい見方が生まれます。カシエルは、細胞の記憶の深いレベルに関連する大天使でもあります。それは特に、ハートに変化を引き起こすような緊張のパターンのマトリックスあるいは構成部分を取りまく、細胞の記憶です。私たちがカシエルを、「全ての理解を超えた」愛、無限であり境界のない愛、と想定することができれば、私たちが自分のハートの痛みや、裏切りあるいは失望の感覚を解放するために、カシエルは私たちを助けてくれるでしょう。カバラの伝統や、ユダヤ・キリスト教の伝統においては、人々は大いに大天使カシエルに働きかけ、祈願しています。カシエルは、すべての文献において、大天使に関連して表現されているような特性を持っていない大天使です。カシエルは、通常は他の大天使とはあまり関係性のない単独の大天使です。孤独で物憂げなカシエルは、解放の涙を流し、深い悲しみを通して空間と場所の新しい感覚をもたらします。人生の舞台において私たちを困惑させるものを、白い鳩が運び去ります。方向性が明確になるにつれて、愛の深みを通して私たちの困難さが変容されていきます。

 

カシエルの機能性の一部は、私たちがハートの真実に近づくに伴って感じる、深い孤独とひとりでいる感覚です。孤独やひとりでいることを意味する英語のalonenessと云う言葉は、「all-one-ness」(全てはひとつ)と似ています。この色の組合せのエネルギーが、この理解の一部としてあります。一体化、新しいスピリチュアルな主点、伝統や形を超えた一体性の感覚。

 

カシエルは、火の大天使としても知られます。それは浄化の火であり、原初の創造の火のようです。私はここで、オーラソーマシステムに関連する新しい始まり