光田秀先生をお招きしての ​緊急企画!!!

コロナおよび
ワクチンの後遺症
に対するケイシー療法

22235675_edited.png

これまで、コロナウィルス感染症に対する予防法治療法については、ケイシー療法勉強会などで光田先生にご講義いただいていました。

コロナ罹患後(また、ワクチン接種後)に、体調がすぐれないなど、いわゆる後遺症という新たな課題が出てきています。

そこで、これらの後遺症に対するケイシー療法に基づく対処法を

レクチャーしていただくことになりました。

罹患していない方も…備えのために 是非!

講座は終了しましたが、アーカイブ(記録動画)学習で受講できます。配信期間:10月10日(祝/月)まで!!

​(受講料は、講座開催時と同額です)

講師:光田秀先生
メッセージ

ShigeruMitsuda_edited.png

最近よく受ける質問が、「コロナの後遺症」「ワクチンの後遺症」に関して、ケイシー療法ではどのように取り組むのか、ということです。

ケイシーのリーディングを調べて見ると「インフルエンザ」に関するリーディングが128件ありますが、そのうち、インフルエンザの後遺症に関するものが102件あるんです。

つまり、インフルエンザで気を付けなければならないのは、実は、感染した時の対処よりも、その後遺症の方なんです。これは、今回のコロナについても当てはまります。

 

私は2年前から、「コロナに罹ったならば、後遺症を残さぬよう、しっかり治し切ることが大切だ」と主張して参りましたが、案の定、最近特に多い相談が、コロナ後に、どうも体調がすぐれないというものです。同様に、ワクチンについても、ケイシーの時代から、その後遺症についてのリーディングがかなり残されています。

水の波紋

会場&オンライン(Zoom)同時開催

講座終了後、数週間のアーカイブの視聴もできます♪

<日程>

9月4日(日)10時~12時半

<受講料>

税込 5,500円

​<会場>みうらクリニック

   (会場は 15名限定)

cayceprof.jpg

ワクチンを接種したなら、その後の数日は、感染したのと同じくらいの養生を心がけなければなりませんが、ほとんどの人は、そのまま日常生活に戻ってしまい、そうすると、中には後遺症を発症してしまう方が出てしまいます。

 

ワクチンの後遺症は、コロナの後遺症よりも厄介で、数週間、あるいは数ヶ月、場合によって数年後になって(神経疾患など)予想外の症状を引き起こすことがあります。

しかも、これが相当に治しにくい。

 

今回は、コロナとワクチンの後遺症をケイシー療法ではどのように取り組むのか、解説いたします。

​コロナ後遺症の主な症状

sekitann.jpg

​呼吸器症状

・せき、たん

・息苦しさ

​・胸痛

ikigurushisa.jpg

全身症状

・倦怠感

・関節痛

・筋肉痛

​・しびれ

fuan.jpg

​精神・神経症状

・記憶障害

・集中力低下

・不眠

・頭痛・不安障害

​・抑うつ

mikaku.jpg

その他の症状

・味覚、臭覚障害

・動悸

・腹痛、下痢

​・抜け毛

会場の人数を15名に限定しオンライン(Zoomビデオ会議)による講座も同時に開催いたします。

金額は会場と同額になります。

会場参加の方が定員に達した場合には、オンライン(Zoomビデオ会議)参加での受付とさせていただきます

質問はチャットを通して、していただけます。

​◎お申込の際に「会場参加」「オンライン参加」どちらを希望されるかお選び下さい。

受講生は、講座終了後5日~6日後(編集終わり次第>から数週間の間Web上で録画動画を視聴できます。見逃し配信は無料です。欠席しても安心です。

◎受講料お支払い方法◎

​口座振込みまたはクレジット

※受講料のお支払いを持ってお席が確定します。

​【口座振り込み】

受付メール記載の指定口座にご入金下さい。​

振込手数料はご負担ください。

【Paypalクレジット支払い】

​お支払い方法は受付完了メールでお知らせします。

 

~キャンセル規定~ 

 

お申込みいただく前に、必ず、下記キャンセル規定についてよくお読みくださいますようお願い申し上げます。


開催日の前日から起算して
<31日目に当たる日まで> 無料
<30日目~3日目まで>   30%
<開催日の前2日及び前日> 50%
<開始日当日、開始後、無連絡不参加>100%

ed26e5d3paypal.png
講師 プロフィール
光田 秀(みつだしげる)

日本エドガー・ケイシーセンター会長  

https://edgarcayce.jp/

ShigeruMitsuda.jpg
昭和33年、広島県生まれ。
京都大学工学部卒業。

20歳の頃、エドガー・ケイシーの『転生の秘密』(たま出版)を読み、霊的人生観に目覚める。

同大学院修了後、政府研究機関にて4年間勤務。以後エドガー・ケイシーを中心に、霊的哲理の研究・翻訳・執筆に専心。

現在、NPO法人日本エドガー・ケイシーセンター会長。

主な著訳書に、『眠れる予言者エドガー・ケイシー』(総合法令)、『キリストの秘密』、『神の探求』(たま出版)、『賢者たちのメッセージ』(PHP研究所)、『エドガー・ケイシーのすべて』(サンマーク)、『エドガー・ケイシーの超リーディング』(ヒカルランド)などがある。