2016年 7月の空模様

​星の動きポイント ★  4日  新月 蟹座 12度 ★12日  金星 獅子座入り ★14日  水星 獅子座入り ★20日  満月 山羊座 27度 ★22日  太陽 獅子座入り ★30日  天王星(牡羊座24度)が逆行を開始します(12/29日まで) ★31日  水星 乙女座入り 今ここで感じていることを統合して(しっかり感じて)、行きつ、戻りつしながらも、新しい次の世界への一歩を踏み出すためのモチベーションを引き出してゆく!新しくはじまっているテーマを予感しつつ、旅支度を準備万端整えてゆくような星回りとなりそうです~☆ 先月の終わり、逆行を続けていた「火星」が順行に戻りました。 5月27日から「火星」は蠍座に滞在していました。 感情のエネルギーが渦巻いて、うまく昇華しきれていない感じがあった方も、少ずつ複雑に絡んだ思いや情感、ジリジリとするような感覚は解きほぐれてゆくと思います。 とはいえ、月の前半は、蟹座に「太陽」「金星」「水星」と水の星座に天体が多いので、エモーショナルで、感情の流れは大きくなりそうです。ここでしっかり「感じる」世界を体験することで、「表現したいもの」=やりたいことが明確になります!! 7月4日、「蟹座」で新月が起こります。新月は「水星」「金星」とも重なっています。 蟹座に4天体。蟹座は「家」や「身近な人との親密な関わり」を現す星座、人と人を結びつける感情の星。 この新月では、大切なものを大切に育んでいきたい、あるいは育んでいる感覚を感じるのかもしれません。 まだまだ表には出せない、出さない「熟成期間」のような感じ。大切だと思える何かを(考え、アイデア、関

7月のコラム

オーラソーマ商品「ポマンダー」のご紹介 6月21日夏至の日に、新商品「マゼンタ」のポマンダーが誕生しました!! (マゼンタポマンダーは7月下旬~8月初旬入荷予定) ポマンダー 4,104円(税込み) ワクワクショップ♪花音にて販売中 ポマンダーは全部で16本。色と対応しています。アルコールをベースにした芳香のある液体で、小さなプラスティックの容器に入っています。 ポマンダーという言葉は、法廷に新鮮さをもたらし、裁判官が明晰な判断に至るために、林檎にクローブを挿して使用した時代に生まれました。 古代文明から香りと蒸気は清めと浄化の手段として使われています。 ポマンダーは肉体を取り巻いている「電磁場(体の表面から3~5センチ)」、 もしくは生命エネルギーフィールドで作用します。 本質的にエネルギーフィールドを「保護」し、「浄化」し、「回復」させ、「強く」します。 定期的に使用することで、生命エネルギーフィールドや電磁場が健全に保たれます。 効果 は約2時間持続します。使用するタイミングとしては、朝 出かける前のサトルボディの保護、 帰宅後の浄化など。 室内のエネルギーを浄化する働きもあります。環境とエネルギーフィールドの両方を浄化するのです。 今の私達の時代でも、お香は教会や寺院でこうした目的で使用されています。 ポマンダーには色とハーブ、クリスタルのエネルギーが含まれています。 それらは49種類のハーブの抽出液とエッセンシャルオイルの組み合わせでできています。 各ポマンダーには、その色が対応するチャクラに対応するハーブがより多く含まれます。 ポマンダーの背後にある意図は、それぞれ

7月のストーン

今月のボトルでご紹介したボトルの中に含まれる石を毎月、ご紹介します♪ アメジスト <物理的な特徴> アメジストは石英、オパールやカルセドニーを含む二酸化珪素の仲間に属しています。珪酸塩鉱物は世界中で最も多く産出している大きな鉱物の分類で、鉱物の25%がこの分類に属すると同時に産出量の95%を占めています。アメジストは紫から赤紫で、同じファミリーには水晶、ローズクォーツ、シトリン、スモーキークォーツ、ミルキークォーツ、アベンチュリン、キャッツアイ、タイガーアイなどがあります。 硬度は7でへき開はほとんどありません。結晶は三方晶系で、比重は2.65、ガラス光沢を持ちます。すべての石英がそうであるように圧電性、つまり圧力をかけると電荷をもちます。石英のもう一つの特徴は鏡像体といって、左巻きか右巻きに分けることができ、小さな面がどちらの方向を向いているのかによって見分けることができます。広く存在する造岩鉱物であり、様々な環境で形成されます。花崗岩と砂岩にも含まれ、ブラジルとウルグアイで豊富に産出する他にはロシアのウラル山脈、ナミビア、西オーストラリア、スリランカ、ザンビア、ドイツなどでみつけることができます。 <肉体的な統合> 古い癖やパターンから解放する。頭痛や中毒症状から自由にする。 <感情的な統合> 期待を超える場所へと視野を広げる。自らのスピリットとの統合を促す。進んで周りの役に立つことを助ける。 思い込みを減らす。 <新しい時代の使い方> アメジストは、中毒や嫌な思い込みを和らげるだけの石ではありません。この地球上のすべての生命がそうであるように、この石もまた進化し続けている

7月のボトル

17番 「トルバドール(吟遊詩人)Ⅰ」「希望のボトル」 グリーン・ヴァイオレット キーノート:スピリチャリティーへの新しい始まり。スターに繋がる。 ハートのヒーリング、内なるスピリチャリティーを見つけるためのスペース。 過去の迫害から解き放たれることで、存在の中で変容に導かれる。 名前から・・・ 吟遊詩人は12世紀から14世紀にヨーロッパ各地を旅した集団。彼らは教会の教義に度々対立したキリスト教神秘主義を信仰していた。これが迫害や異端審問の原因になった。教会の迫害ということを別にすると、吟遊詩人は歌や踊りや芝居のようなクリエイティブな方法を通してメッセージを広めようとした人たち。彼らは人への奉仕(ヴァイオレット)の為に、彼らの真実(グリーン)を表現した。正規の教会の手によって彼らが経験した迫害はボトルの一部に内在している。それは、逆さまになった色。なぜなら、グリーンのハートがヴァイオレットの頭の上にあるから。人間の身体では不可能な配置。 もう一つのタイトル「希望」。これはハートの変容、あるいはハートがスピリチャルになるという希望。またこのタイトルに含まれている意味は、水瓶座(アクエリアス)の時代が夜明けを迎える希望。過去2000年間、私たちは魚座の時代を経てきた。そして今私たちは水瓶座の時代の始まりに向かいながら変化のプロセスにいる。 17番に対応している、「星」のタロットカードのイメージが象徴するものは、希望を理解するうえで重要だ。星(スター)の概念はオーラソーマの理解においてとても重要である。このイメージが私たちに与えているものは未来への希望だ。ハートの変容とスターの理解と

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015~2020 by 自然療法研究所 花音

〒530-0044 大阪市北区東天満1-7-17 東天満ビル